失敗を恐れない為に|下準備バッチリの不動産投資で成功

損益分岐ラインを下げる

男女

支出の削減

不動産投資に際して失敗しないために意識すべき事はいかにして損益分岐ラインを低く設定できるかです。しかし、不動産投資によって得られる収益は一旦投資対象の物件を決めてしまえば、選定時の想定から大きく増えることはありません。なぜなら、家賃をいくらで設定するかは選定時にある程度想定していることです。また、空室リスクについても、高く見積もらざるを得ないような物件にはそもそも投資することがありませんから、想定よりも空室になることが大幅に少なくて予想以上に賃料収入が手に入る、などということはまず考えられないのです。そうなると、不動産投資の失敗のリスクを軽減するために損益分岐ラインを下げる上での効果的な手段は支出をどれだけ削減できるかということになります。支出を下げるということは投資対象物件の購入費用を抑えるのか、或いは維持管理費を如何に抑制するかということになります。この内、より大きな効果を生む可能性が有るのが購入費用の削減です。ですので、不動産投資で失敗のリスクを軽減するためには、投資対象物件の購入費用をどれだけ抑えられるかが最も重要な要素ということになるのです。

中古の優良物件が狙い目

不動産物件の購入費用を抑える上で最も効果的な方法と言えるのが、投資対象の物件を新築ではなく築年数の新しい中古物件から探し出すことです。というのも、日本では中古であるか否かがかなり重要視されます。新築の場合、立地にもよりますが4000万円程で購入するケースが多いようです。一方で、同じ立地で同じ間取りの住宅があった場合は築年数が数年しか変わらなくても、価格が大きく変わってしまいます。ですので、仮に他の条件が全て同じ新築物件があるとすれば、期待できる収益はほとんど変わらないにもかかわらず、購入コストには大きな差が生じるということになるのです。従って、不動産投資で失敗のリスクを軽減するためには、築浅の中古優良物件を投資対象として探し出すことが効果的なのです。

Copyright © 2016 失敗を恐れない為に|下準備バッチリの不動産投資で成功 All Rights Reserved.