失敗を恐れない為に|下準備バッチリの不動産投資で成功

資金の調達方法を考慮する

案内

不動産投資で失敗せずに運用するためには、何よりもそれを運用するための資金を調達しなくてはいけません。資金の調達は金融機関に行うことが基本ですが、交渉をするときに将来的な事業収支の報告をしておけば交渉しやすくなります。

詳細を読む

損益分岐ラインを下げる

男女

不動産投資において失敗のリスクを軽減するためには損益分岐ラインを下げることが大切です。そのためには購入費用を安く抑えることが最も効果的です。そして期待できる収益額をほとんど下げることなく購入費用を削るためには、投資対象として築1〜2年程度の優良な築浅物件を探し出すことが有効なのです。

詳細を読む

日本における相続課税

インフォ

相続税の負担の増加

日本の財政は非常に厳しくなっており国の借金がGDPの2倍に達しようとしています。財政上の事情もあり昨年から相続税が増税になっており資産の保有者にとっては税負担が大きくなっています。不動産投資を行って節税することは可能ということで、節税のために不動産投資を行うケースが増加していますが、失敗すると税負担どころではなくなってしまいます。したがって節税のために不動産投資を行う場合でも失敗しないように十分な検討が必要です。最近は金融機関や不動産会社が不動産投資に対する相談会を無料で実施していますので、こうした相談会に参加して最近の動きを確認することは重要です。しかしながら不動産投資は自己責任となりますので失敗事例などを教えてもらうことも重要なことです。

投資資金を借り入れで調達

不動産投資を行う場合には投資資金を借り入れて調達するとメリットが大きくなります。投資対象資産の評価が軽減されると同時に借入金残額が資産から控除されるため節税効果が大きくなります。不動産投資で失敗しないためにはあまり欲張らないことが重要です。投資に対するリターンを大きくしようとするとどうしても無理をするようになりますのでリスクが大きくなってしまいます。安定的に収益が獲得出来るスキームを構築する必要があります。現在は歴史的な低金利となっておりますので比較的低い利回りでもサブリースに応じてくれる業者が存在します。サブリースを長期的に確定することができれば失敗となることがありませんので契約で縛ることが重要です。

不動産の投資ポイントとは

お札

不動産投資での失敗は、まず転売する時に買い手がなかなかつかないことと、かなり値下がりして手放すことが挙げられます。まずは賃貸需要の多い地域を選ぶこと、そして資産価値が落ちにくいところを選ぶことが大事です。

詳細を読む

Copyright © 2016 失敗を恐れない為に|下準備バッチリの不動産投資で成功 All Rights Reserved.